対応履歴の共有

お客様からの問い合わせや提案書の提出、商品説明など、「いつ、誰が、何を」という対応履歴をお客様ごとに管理することができます。また、事故処理や保険金請求などの案件の場合は、お客様とのやりとりも多くなります。そのような場合のために、進捗フラグも合わせて保存することができ、検索画面から、「未処理」の案件だけを検索して抽出することができます。
対応履歴はツリー構造になっており、1案件ごと1スレッドでの表示となっていますので、複数の案件があったとしても管理しやすいレイアウトになっています。

対応履歴の共有