アプリケーション開発

ユーザーとのダイレクトなコミュニケーションによる開発

コンサルティング力と最新の技術を駆使し、システム提案から設計、開発、運用サポートまで、自社にてシステム開発をおこない、パッケージアプリケーションまたはOEM提供をしています。受託開発におきましては、ユーザー(発注者)とのダイレクトなコミュニケーションにこだわり、ユーザーの要望を正しく理解しプラスアルファのバリューを提供していくことが弊社のシステム開発ポリシーです。そのため、大手システム開発会社の下請けとして開発の一部を請け負うという業務はおこなっておらず、弊社から外部企業への業務委託もおこなっておりません。
Windowsアプリケーションだけではなく、Webアプリケーション、モバイルアプリケーション開発案件も多く、今後はAndroidアプリケーションとの連携もおこなっていく予定です。

優れたユーザビリティの品質
システム開発自体が目的ではなく、最も重要なことは、開発した後にシステムを使用し利益を上げることや業務効率化を図ることです。その為には、マニュアルを見なくても直感的に操作が可能となるユーザビリティーと拡張性のあるシステム構築が重要であると考えています。
エンドユーザーの使用環境や使用用途に応じた開発言語の使い分け
Windowsアプリケーション開発の多くはDelphi®でおこなっているため、既存のライブラリとの競合による不具合等は少なく安定した動作環境を構築しております。また、弊社オリジナルコンポーネントを使う事による迅速かつ拡張性の高いアプリケーションを提供しております。さらに、企業でのセキュリティー強化に対応すべく、柔軟に開発言語を使い分けています。
Microsoft 、Windows 、Excel は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
DelphiはEmbarcadero Technologies の登録商標です。
アプリケーション導入の対費用効果を重視
弊社は創業時より保険代理店向けの顧客管理システムである「保険アナリスト」の開発に着手し、日本で初めて保険専業代理店に対してCTI機能を提供しました。それまでのCTIシステムは、大規模コールセンター向けのものが多く、導入に際しては電話主装置ごと取り替える必要があるものが多く、高額であったため小規模の専業代理店での導入には困難でした。
弊社は安価なCTIアダプターを捜し求めると同時に現在の電話環境をそのまま活かせることに重点をおき、さまざまCTIアダプター、TAに対する対応をおこない、CTIアプリケーションの導入が可能となる価格に設定することができました。
企業にとってアプリケーション導入は投資であり、それに対する収益が見いだせてこそ価値があるとの考えに基づき、アイディアと工夫により適切な価格設定を心がけています。
     

ページの先頭にもどる