Webサイト制作コンセプト

正しいマークアップによりWebのメリットを最大限に活かす

Webサイトは、日常生活の必須アイテムの1つであり、情報発信というOne Wayからインタラクティブ、ソーシャルサービスと年々進化しています。一方、検索エンジンの順位を上げるSEO対策が重要なファクターであることは間違いありませんが、SEOにこだわるあまり、本当に必要な情報があるべき位置に表示されないという問題があることも事実です。デザイン面の進化も目覚ましく、Flashを駆使したビジュアル重視のサイトも珍しくありません。
アイブリッジのWebサイト制作における基本スタンスは、「基本に忠実である」すなわち、構造化言語であるHTML、XHTMLの定義書の規則に準拠した正しいマークアップを心がけています。また、静的なWebサイトだけでなく、会員向けサイト、EコマースサイトなどWebアプリケーション、モバイルサイト、モバイルアプリケーションの開発も数多く手がけています。

W3Cに準拠した適切なHTML・XHTMLコーディング
w3cW3CによりWebサイトの標準化のためのコーディングルールが定められています。正しいコーディングによるWebサイトはSEO対策としても有効であると考えています。単にデザイン面の秀逸さを競うのではなく、すべてに人にとってやさしく、ルールに沿ったHTML・XHTMLコーディングをおこないます。
MODxを中心としたオープンソースCMSの活用
MODx Webサイトの情報媒体としての優位性は情報の更新が容易であることだと考えています。アイブリッジでは、更新業務もメンテナンスサポートの1つとして提供していますが、すべてのサイトにコンテンツマネジメントシステム(CMS)を導入し、誰でも簡単にコンテンツの更新などをおこなうことができるようにしています。
オープンソースのCMSは数多くありますが、とりわけ拡張性の高いMODxを採用しています。通常のWebサイトはもとより、会員制サイトなどにも活用することができ、アイブリッジによる独自開発モジュールにより、マルチドメインサイト対応やモバイルサイト対応に活用しています。管理画面より、当社独自のアクセス解析画面を閲覧していただくことも可能ですし、登録した顧客のメールアドレスへの一斉配信機能もアイブリッジMODxパッケージに標準装備されています。
良いものを作り上げていくための努力
plan-do-see-check紙媒体と異なるWebのメリットを最大限に活かすためには、リリースを早くすることが大事だと考えています。これは中途半端な状態で開設するという意味ではありません。あくまでも良いWebサイトとは何かを定義し、それに向けての出発点が開設だと考えています。デモサイトの状態のままでいても、収益に結びつく可能性は低いため、その期間の「機会損失」をできるだけ小さくしていくことも重要です。そのため「作ったら、終わり」ではなく、これからどう進むべきかを考えながら、仮説-検証を繰り返すことで、ターゲットとなるお客様が明確になり、Webサイトというメッセージが価値をもつと思っています。
アイブリッジでは、開設後においても責任をもって業務を進めることができるよう、ホスティングサービスも提供しています。
     

ページの先頭にもどる